相続ニュース

2013年1月28日 月曜日

相続税の最高税率の引上げについて

 自由民主党と公明党が平成25年度税制改正大綱を1月24日に決定しましたが、この中には相続税や贈与税の制度を変更するものが含まれています。
本日は、相続税の最高税率の引上げについて説明いたします。

 相続税を計算するに当たっては、まず遺産の総額を評価し、債務の控除や特例措置による減額をして、次回お伝えする「基礎控除」の額を差し引いた金額を求めます。さらに、これを法定相続分で分割をして、それぞれに税率を適用する仕組みになっています。(参考)

 この税率が、次のとおり変更されるため、最高税率が引き上がることになります。
1000万円以下 10%→10%
3000万円以下 15%→15%
5000万円以下 20%→20%
   1億円以下 30%→30%
   2億円以下 40%→40%
   3億円以下 40%→45%
   6億円以下 50%→50%
   6億円超   50%→55%

 この変更は、平成27年1月から実施される予定です。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30