相続ニュース

2013年1月29日 火曜日

相続税の基礎控除(非課税枠)の縮小について

 平成25年度税制改正大綱の中には相続税の制度を変更するものが含まれており、本日は、基礎控除の縮小について説明いたします。

 基礎控除とは、相続税を計算するに当たって、相続財産の総額から差し引ける金額です。相続財産のうち、この基礎控除に相当する金額までは、相続税が課される対象とならないため、非課税枠と考えることもできます。(参考)

 変更内容は次のとおりで、平成27年1月から実施される予定です。
現  在:5000万円+1000万円×法定相続人の数
変更後:3000万円+ 600万円×法定相続人の数

 亡くなった人のうちで相続税が課される人の割合は、現在約4%になっています。
基礎控除が4割縮小することにより、相続税が課される人がこれまでより増えることが予想されます。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30