相続ニュース

2013年2月21日 木曜日

相続税の制度変更前後の税額の試算について(その2)

 先月に発表されました平成25年度の税制改正大綱の相続税の制度変更により、納めなければならない相続税額がどう変わるか、前回に引き続き試算をお届けします。

 今回は、相続人が配偶者(夫や妻)と子ども1人である場合と、配偶者と子ども3人である場合について、遺産総額をいくつか設定しました。
なお、前提条件などは、配偶者と子ども2人の場合を記載しました前回の記事と同様です。

● 配偶者と子ども1人の場合
遺産総額     総税額
4千万円   : なし → なし
5千万円   : なし → 40万円
7千万円   : なし → 160万円
1億円    : 175万円 → 385万円
1億5千万円: 600万円 → 920万円
2億円    : 1,250万円 → 1,670万円
3億円    : 2,900万円 → 3,460万円
5億円    : 6,900万円 → 7,605万円

● 配偶者と子ども3人の場合
遺産総額     総税額
5千万円   : なし → なし
7千万円   : なし → 80万円
1億円    : 50万円 → 263万円
1億5千万円: 350万円 → 665万円
2億円    : 813万円 → 1,218万円
3億円    : 2,000万円 → 2,540万円
5億円    : 5,275万円 → 5,963万円

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30