相続ニュース

2014年4月 4日 金曜日

相続に関する節税の方法|岡本会計事務所の考え

 資産を多くお持ちの方の中には、自分が亡くなった後に生じる相続において、相続税が多く課されそうだから、なんとか節税できないものか、気にされる方もいらっしゃるでしょう。
また、すでに相続が発生している場合に、今からでもできる節税の方法がないものか、遺族の方が気にされることもございます。

 そのような悩みを解消するには、ぜひ岡本会計事務所へご相談ください。私たちの経験が役に立つこともございます。どうぞフリーダイヤルハロートヨナカ(0120-86-1047)までお気軽に。
以下では、私たちが考える節税の方法を紹介いたします。

 相続が発生する前、つまり生前の対策としては、財産を分け与えることが考えられます。こうした贈与をした場合には贈与税が課されますので、贈与税の負担と相続税の負担のどちらかが軽いか判断することが必要になります。このほか、配偶者に居住用の財産を贈与した場合に、贈与税が控除できる制度を利用することもあります。

 相続発生後の対策としては、土地の評価について減額できるものは減額して、相続税に反映させることがあります。それには、土地の形状や周囲の状況などの様々な要因を総合的に考慮する必要があります。
また、相続税の計算方法が複雑であるため、相続人のうち誰がどの遺産を引き継ぐかによっても、納税額が異なってきますので、節税方法として無視できません。

 こうした相続における節税の方法は、どのようにすると適切なのかが、資産状況やご家族の状況によって左右されます。そのため、専門家の力を借りるのが妥当な対応だといえるでしょう。
しかし、税理士がすべて相続税に詳しいとは限らず、経験や能力に乏しい場合には、適切な節税を打ち出せないことも考えられます。

 豊中市にあります岡本会計事務所は、相続税のお手伝いを、今までに100件以上させていただいています。相続税の申告において、これまでの経験により適切に土地の評価を行うとともに、納税額を少なくする方法は全て検討したかなど、あらゆる角度から検討させていただきます。

 また、節税が相続対策において大切なことではありますが、何よりも必要なのは相続人が困らない・もめない対策だと思います。それには、遺言書を残しておくことが有効だと考えますので、検討されることをお勧めいたします。

 節税を含めた相続対策の方法をお知りになりたい方は、フリーダイヤルハロートヨナカ(0120-86-1047)、またはこのリンク先へ、どうぞお気軽にお問い合わせください。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30