相続ニュース

2015年5月28日 木曜日

相続放棄と次順位の相続人|遺産を受け取らない協議との差

 相続が発生したとき、亡くなった人の財産を自分が受け取ることを一切望まず、別の相続人に遺産を継いでもらうことは、ご家族の事情それぞれによって生じてくることと思います。
例えば、父親が亡くなり、自分や兄弟姉妹は一切遺産を受け取らず、母親にすべて相続してもらう場合が考えられます。
 そこで、自分たちは「相続放棄」をしようとなるのですが、ぜひ注意いただきたいことを今回はお伝えします。

 まず民法で定める相続の放棄というのは、相続の権利があっても、正式な手続きをとって、初めから相続人でなかったことにすることです。予め延長を願わない限り、死亡を知ってから3カ月以内に家庭裁判所へ申請しなければなりません。
この相続の放棄は、相続人それぞれがするかしないかを判断することが可能です。先ほどの例とは逆で、母親が相続放棄をすると、子だけが相続人となり、兄弟姉妹間で遺産をどのように分けるか協議することになります。

 しかし、先ほどの例に従い、父親の子が全員(兄弟姉妹みな)相続放棄をすると、希望をかなえられない事態が生じてしまいます。
 配偶者(夫や妻)は必ず相続人になるのですが、それ以外の相続人が誰になるかは、民法で次のとおり決まっています。
第1順位:(子が亡くなっていると孫、さらにひ孫・・・)
第2順位:直系尊属=父母や祖父母・・・
第3順位:兄弟姉妹(彼らが亡くなっていると甥・姪)
 子がみな相続放棄をすると、子がいないのと同じ状態になってしまい、親に相続する権利が生じます。親もすでに亡くなっていると、兄弟姉妹が相続人に突如なってしまいます。

 そこで、先ほどの希望をかなえるためには、相続人同士が任意で話し合う「遺産分割協議」で、子どもが全員、遺産を受けとらないと決めて、文書を作成することになります。
このような対応を取ることも「相続放棄」と呼ばれることがありますが、正式な相続放棄とは、必要な手続も法的な効果も全然異なっています。
 こうすれば、相続人の立場を失うことなく、もともとの相続人の間だけで遺産分割協議ができます。

 豊中に事務所があります岡本会計事務所では、相続に関して総合的に支援をいたします。
相続でお困りのことがございましたら、フリーダイヤルハロートヨナカ(0120-86-1047)、またはこちらのリンク先まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31