遺言、相続、遺産整理

2015年7月24日 金曜日

収入が少なくても自宅に住み続ける|リバースモーゲージ

 少子高齢社会が進む中、収入は老齢基礎年金しか受け取れない方や、公的年金では今後の生活費に足りないと感じられる方にとって、自宅の土地建物を売却して生活資金を捻出することを検討されることもあるかと思います。それでも、長く住み慣れた自宅に思い入れがある方もいらっしゃるでしょう。
そこで、自宅を担保にして融資を受けて、亡くなった後に自宅を売却して借金の返済に充てる「リバースモーゲージ」が注目されています。

 この制度は、一定年齢以上の高齢者を対象にしており、初めに自宅の土地建物を担保として貸主に差し入れます。そして、貸主が認めた範囲内で金銭を借り入れることができ、主に毎月の年金という形で受けります。こうして借金の元金と利息は増えていきますが、生きている間に返済する義務はなく、相続が発生した後に、遺族などが手続きをして担保不動産を売却し、その代金で一括返済します。
 貸主としては、福祉目的で融資する市役所などの自治体だけでなく、銀行などの金融機関が取り扱うことが多くなってきました。

 しかし、リバースモーゲージを利用する上では、担保割れが起こることに注意すべきです。
不動産価格が予想より下落するとき、金利が上昇して利息が膨らむとき、利用者が予想より長生きするときに、これ以上、生活資金を借りることができなくなります。

 そうはいっても、自分たちが死亡した後に自宅が必要でなくなる世帯、例えば、子どもがいない夫婦や、子に全員持家がある家族にとって、老後生活の安定を図る1つの選択肢と言えそうです。自宅の所有者が先に亡くなったときに、配偶者(結婚相手)が契約を引き継ぐなどの配慮も必要でしょう。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30