相続ニュース

2015年8月31日 月曜日

相続財産が将来の借金に|遺産分割協議や生前対策が重要

 親などから相続によって財産を受け継ぐことは、通常は嬉しいことのはずです。
しかし、昨今は、相続財産の中には、有益な価値を生み出さず、費用がかさむだけで、重荷にしかならないという声も聞かれます。

 例えば、何十年も前に購入したものの放置されている遠方の別荘地。周りにも木々が生い茂っている区画が散在し、売ろうとしても困難で、固定資産税や最低限の公共料金といった維持管理費だけが毎年生じる状態。また、次世代に対しては相続税が課税され続けます。こんな別荘地を相続することは、あたかも将来の借金を抱えるようなものです。
 先代から受け継いだ不動産が、いまだ相続登記をせず放置していたり、共有状態になったりしていると、売却も有効利用が困難で、費用ばかり生じることになりかねません。
さらに最近では、限界集落のようなところの先祖伝来土地は、子孫がすべて離れて暮らしているところ、買うどころか借りようとする人さえ誰もいないため、維持管理費だけ発生することも起きています。

 正式な相続放棄の手続きをとれば、確かに重荷から解放されます。しかし、それでは、都市の不動産や金融資産まで手放さなければならなくなります。
地元の団体や自治体に寄付した方が楽という話になりますが、それも寄付を受ける側が了承すればの話。

 相続が発生したからには、ありがたくない財産でも相続人の誰かが引き継がなければなりません。将来の借金が相続税の評価では考慮されないことはもちろん、時価に盛り込まれているとは限りません。
そのため、相続人の間で「遺産分割協議」をするとき、各種財産を機械的に振り分けるだけでなく、将来の負担も含めて公平になるような合意を取り付けることが重要だと思います。

 もっと有効なのは、将来の借金だけ生じる資産を子孫に残さないことだと考えます。
未登記や共有の不動産は、早くに権利関係の調整をして、問題点を解消します。
田舎の土地は、地元の不動産業者などを頼りに、無償でも構わないから譲り受けてくれる人や団体の情報を入手し続けることでしょう。

 豊中に事務所があります岡本会計事務所では、相続手続きや財産の生前対策について積極的に支援をいたします。
相続関係でお困りのことがございましたら、フリーダイヤルハロートヨナカ(0120-86-1047)、またはこちらのリンク先まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

投稿者 税理士法人 岡本会計事務所

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31