ホーム > 遺産整理(名義変更手続等)

遺産整理(名義変更手続等)

相続税が発生しない場合でも、 相続に伴い各種の手続きが発生します。 当事務所では、こうした手続きについても、お手伝いさせていただきます。

相続人の調査

 公的な記録を基に、法定相続人が誰であるかを調査させていただきます。

◆業務内容◆
市町村役場へ戸籍謄本などの交付請求

 法定相続人が多く存在する場合や兄弟姉妹・甥姪が法定相続人になる場合、多くの戸籍謄本(除籍謄本や改製原戸籍等を含む)が必要となることがよくあります。
 そうでない場合であっても、専門家が担当することで、戸籍謄本を漏れなく効率的に集めることが容易になります。
 また、調査結果を基に相続関係図を作成いたします。

遺産の調査、財産目録の作成

 以下の相続財産の確定作業をお手伝いいたします。

◆業務内容◆
金融機関などへの残高照会
名寄帳等により所有不動産の確認
保険証券、株券等の確認

 以上のような作業を基本といたします。
 また、その他残された手がかりを基に財産調査を詳細に行います。
 調査完了後は、その調査結果を基に財産目録を作成いたします。

遺産分割協議

 遺言書がある場合、通常はその内容に従って、各相続人等が遺産を取得します。
 しかし、遺言書がない場合には、相続人全員による遺産分割協議で遺産の取得者・承継者を決めることになります。

 相続税が課せられない場合も、遺産分割は必要となります。
 「相続」が「争族」とならないよう、相続人のご意向をしっかりとお聞きしながら遺産分割をお手伝いいたします。

◆業務内容◆
遺産分割協議書の作成

 相続人が現在の生活を今後も継続できるように配慮するなど、相続人の状況に応じた遺産分割案を提示させていただきます。
 分割の方法としては、相続人全員の合意があれば、どのように分けてもかまいません。相続人の中の1人が全部取得というようなことも可能です。

 相続人全員が分割案を了承し、それぞれの遺産の取得者が決まったら、遺産分割協議書を作成します。
 後々のトラブル防止だけでなく、不動産の所有権移転登記や銀行などの預貯金の引き出しの際に、遺産分割協議書の提出を求められることがあるからです。
 この協議書を当事務所が作成させていただきます。
 そして、遺産分割協議書に相続人全員が署名・押印をします。

 なお、相続人の中に未成年者がいて、その法定代理人が相続人となるような場合(被相続人の妻と子が相続人の場合など)は、家庭裁判所によって未成年者のために特別代理人を選任する必要がでてきます。

名義変更などの諸手続き

 死亡に伴う諸手続きをお手伝いいたします。

◆業務内容◆
銀行口座、株式、自動車、電話等の名義変更の支援

 遺産分割協議書の提出あるいは相続人全員の同意の確認ができてはじめて、名義変更の手続きができる遺産があります。
 このほか、遺族年金、埋葬料、高額療養費、死亡保険金などを請求できる場合もあります。
 これらの相続に伴う様々な手続きについて、必要な書類を用意するなどのお手伝いをいたします。
※手続きによっては、相続人ご本人様で手続きを行っていただく必要があります。

 不動産(土地・建物・マンション)の名義変更(相続登記)については、法務局に対する登記申請が必要になります。
 この相続登記には、一般的に次の書類を添付する必要があります。

・ 被相続人の除籍謄本・改製原戸籍等(出生から死亡までのもの全部)
・ 被相続人の住民票除票(本籍地入り)又は戸籍の附票
・ 相続人全員の戸籍謄本・印鑑証明書
・ 不動産取得者の住民票
・ 相続する不動産の固定資産税の評価証明書
・ 遺産分割協議書

 ご希望の方は、当事務所の提携司法書士により相続登記を進めることが可能です。

 
当事務所では所有財産等をお伺いし、適正な価格をご提示させていただきます。

見積書は無料で作成いたします。お気軽にお申し付けください。