ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

 法定相続人というのは、相続人とはどのように違うのでしょうか?

 民法で定められている相続人が法定相続人であり、ほとんどの場合「法定相続人=相続人」となります。
 しかしながら、相続放棄があった場合は、「法定相続人≠相続人」となります。

ページの上へ戻る

 父親が亡くなったのですが、相続税を納付しなければいけないのでしょうか?

 亡くなったイコールすぐに相続税発生とは限りません。現在の法制度では、相続税申告が不要な方も大勢います。しかし、「財産がそこまで多くなければ大丈夫だろう。」という思いこみは危険です。思わぬところに財産があるかもしれません。相続が発生した場合はまずはお気軽にご相談にお越しください。

ページの上へ戻る

 生命保険の死亡保険金は、相続財産に含まれますか?

 受取人に相続人などが指定されている場合は、相続財産に含まれません。
 しかしながら、相続税を計算する際に、亡くなった方が保険料を負担した部分については、相続財産とみなされます。

ページの上へ戻る

 お葬式にかかった費用は、相続税を計算する際に控除されますか?

 お葬式の際にかかった費用、例えばお寺への御礼、火葬費用、死体や遺骨の運搬費用は控除されますが、香典返しや墓石や墓地費用、初七日や法事にかかった費用は控除されません。

ページの上へ戻る

 親族間での遺産分割の話し合いがなかなかまとまりません。相続税の申告を伸ばしてもらうことは可能でしょうか?

 遺産分割がなされていなくても、相続税の申告期限が延長されることはありません。相続が発生した場合は、できるだけ早く専門家に相談し速やかに申告を行うことをお勧めいたします。また、親族間でトラブルが起こらないようにするため、生前に対策を打っておきましょう。

ページの上へ戻る

 愛人の子に対して遺産分割は必要ですか?

 認知している場合は、法定相続人ですから、遺産分割を受ける権利があります。ただし、非嫡出子のままの場合、分割を受ける財産は嫡出子(配偶者との間の子など)の半分となります。

ページの上へ戻る

 前妻と前妻の子に対して遺産分割をしなければなりませんか?

 前妻には遺産分割をする必要はありませんが、前妻の子には相続する権利があります。本人の意思にもよりますが、遺言書に前妻の子に対しての相続について記載がある場合などは、相手方が異議を申し立てたとしても法定相続分よりも低く抑えることは可能です。しかしながら、異議を申し立てられた場合には、遺留分を受け取る権利があるため、全く遺産分割を行わないということはできません。

ページの上へ戻る

 遺言書が見つかりましたが、この遺言書のとおりに遺産分割を行わなければならないのでしょうか?

 遺言書があったとしても、全ての相続人の合意が取れれば遺言書と異なる遺産分割が可能です。また、遺言書が無い場合でも必ず法定相続分のとおりに遺産分割を行う必要はなく、全ての相続人の合意があれば自由に分割することができます。

ページの上へ戻る

 相続対策はいつから始めるのが良いでしょうか?

 相続対策は早ければ早いほど打てる対策とその効果は大きくなります。資産をある程度お持ちの方は一度どのような対策が取れるかご相談にお越しください。初回のご相談は無料にて行っております。

ページの上へ戻る

 相続対策として生前贈与を検討しています。
 その場合の贈与税の額がどれくらいになるか心配です。相続税と贈与税では、どちらのほうが税金は高いのでしょうか?

 一般に贈与税のほうが重い税金です。しかしながら、生前贈与でも計画的に行えば節税効果があります。

ページの上へ戻る

 先日不動産を多く所有している父が亡くなりました。今からできる相続税対策はありますか?

 現金や上場株式などの動産はその評価額を減らすことはできませんが、不動産の場合は対策が可能です。例を一つ上げると不動産の評価を適切に行うことによって大幅に相続税額が削減できる場合があります。あきらめずに一度当事務所までご相談にお越しください。

ページの上へ戻る

 相続税の申告を自分ですることは可能でしょうか?

 相続税の計算はかなり複雑で専門知識と経験がなければ困難でしょう。また申告漏れがあった場合は加算税等が課されますし、余計にお金がかかってしまう場合があります。相続は知識と経験が豊富な税理士に依頼したほうがスムーズに手続きが進みます。

ページの上へ戻る